スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしふりの果て 極東史記より(天庭)

至福の川

紡いだ数だけ

生きた証として

衒うのがよい

徒渉るべく暁に




降り積もった時の
故も無く凪ぎ

手の少しはゆるめ
深く深呼吸
恩赦の如く

早口の星の語らいは
続きのせがんで 小止み無く
今の時を伝えて渡る

指重ねて
彼は誰の終を塞ぐ

どこまで続いているのか
見知らぬ碧の深さよ
あなたの生まれた街を歩き
だんまりの星を拾って
集めて思い出の結ぶ
遮るものなき海と

見て
ひとつはあなた
ひとつはあなたが愛していたひと

通りすぎて舞う
脆き背にしながら

舌出し緩ぶ
つぼみ待ちぼうけ

消え行く色の
種に託して放すは迷子
ままごとのようさ
止まり また立ち止まる静けさ

還っていくをと
星が廻りはじめる
極東の果てで

回るよ 今を置き去りに
散りてなお 咲きたるもの
高きより流れて
低きより止めどなく跳ねては飛ぶ

飛んでいく この街を包む
ねえ 明日は会えるかな
見上げてとおせんぼ
凍み指に息吐き歩いていく

手を繋いで
たてり 雪解けは跫音
跡形無くとも
生きた証として
徒渡るべく暁に

早口の星は語らいを続けている
互いに手を繋ぎ 迷いながら 惑いながら

それぞれに生まれ
それぞれに瞬き
そして
それぞれに消えていく

私は今も
極東の果てを歩いている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らす

Author:らす
歌詞記事は仮記事と書いているのは
にこ動見ながら聞き取ったやつなので間違っていると思います
何も書いていないのは公式です

現在の閲覧者数:


※このブログを見て何らかを実行し問題が出ても管理人は一切の責任を取りません

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ここ何にしようかな
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。