スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き過ぎて後に(天庭)

あんたが悪いわけじゃあないが
ららららら

そうですか

あんたが憎いわけじゃあないが
るるるるる

そうですか

どうしようもない
しようがない

そうだ

あんたらが悪いわけじゃあない




淡く 身辺で行き交う
あきつ震えてる わらしべの空

背丈ほどある稲
ふたりだけの場所さ

ゆらゆら 照れ笑うふたりなでる 金の散るは
ひゅうるり ひゅるり 風とかけっこさ

愛して 愛されて 明日見え隠れ

からたちの棘 指切り あをあを 両手でげんまん
きれいなお花が咲くころ
お迎えにいくぞ ずっとまってる

愛して 愛されて 光見え隠れ

枯るるもの また 青むもの
日のしずけさを待ち 踊ってる

果てで思いをり

そうだそうだ いいぞ

彼は本日もまた 精悍
あらあら ご立派ですよ 竹馬上手

転ぶ余地なく 並べられて 将棋倒し待つ
遺訓のためだから

その調子

ぐらぐら ふきだまる落葉越え すすめ すすめ
ひゅうるり ひゅるり ひとりかけっこさ

「見てろよ! そう! 希望に満ちた明日のため!」

小脇に夢抱え 日差しまとい弾けて跳んで
炎天の上へ上へと継ぐ足場の上 這いつくばって

勇猛な兵たりし日々 蟻の群れ
迷子の行く先 にわたずみ
浮き沈み自在さ ほら泳げ

風わたるたびに 音割れて空ろ

素晴らしいこの世界で見つけた 素敵な思い出

同じ歩幅の合唱団「ららら るるる」

そうさ いくぞ すぐに いくぞ

さあ すすめ すすめ
陽炎を積み 残し行く背中に 笑顔が突き刺さる

ゆびきり あかあか 両手でげんまん
並んであきつは歌うよ

ららら るるる

からたちの刺 雲に突き刺さって
明日の言葉伝えてゆきぬ 間 喧騒が埋めて

鳴り止まぬ耳鳴りの中
花びら五枚 ゆびきりげんまん
腐った笑みを浮かべながら
ひとりぼっちでくたばって

ららららら

遠くで大きな音がしている
近くで大きな音がしている

いち に さん し ご
あなたとゆびきりげんまん
わたしとゆびきりげんまん
みんなでゆびきりげんまん

こんなはずじゃあなかったか
こんなはずじゃあなかった
おまえはただしいか

わたしはただしい

そうだ おまえはただしい

だから すすむのだ

すすめ すすめ それ すすめ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らす

Author:らす
歌詞記事は仮記事と書いているのは
にこ動見ながら聞き取ったやつなので間違っていると思います
何も書いていないのは公式です

現在の閲覧者数:


※このブログを見て何らかを実行し問題が出ても管理人は一切の責任を取りません

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ここ何にしようかな
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。