スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月光蝶

「あの高さはどれ程でしょう」と貴方は言っていた

幼いころ お月さまの下でキラキラの満ち欠け辿(たど)って遊んだ

遣(や)らずの片時雨(かたしぐれ)
紫陽花(あじさい)と琥珀色(こはくいろ)した月は
汀(みぎわ)で踊る
それぞれを讃(たた)えながら

一つ棘(とげ)に触れるたび消えていく
ひとつもこぼさぬよう
てのひらですくってためた
月は無くなっていた

さよなら 白面に照らされた
指先にとまる番(つがい)の蝶
キラキラと光る雪は貴方のような気がして
息が出来なくなった

指に絡む蜘蛛の糸
私 私の顔が無い

のぼっていく 消えていくしゃぼん玉
壊さぬように 大切に大切にしていたのに

私はここにいるよ ねぇ 神様
湖面の波紋にのり ゆれながら

綺麗に飾った蝶はガラス玉いつからだろう
何も無い私 蝶が飛べたのは
いつもいつも 貴方がいてくれたから

さよなら 物言わぬ者たちよ
きっとずっとそうなのでしょう
キラキラと光る月は ああ
雪色の蝶に溶け 涙になった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らす

Author:らす
歌詞記事は仮記事と書いているのは
にこ動見ながら聞き取ったやつなので間違っていると思います
何も書いていないのは公式です

現在の閲覧者数:


※このブログを見て何らかを実行し問題が出ても管理人は一切の責任を取りません

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ここ何にしようかな
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。