スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂を登り 開く広々と
穂波(ほなみ)が揺れて 猶予(いざよ)う
金色(こんじき)の押し黙る

人が影 置き去りに 手招く
遮(さえぎ)った川は深く
水分(みくま)りの指先抜け 溶ける

夢からさめて 並み居る川門(かわと)
ひとつ選び 扉めくると 砂に崩れた

七彩(しちさい)光り 枯れ木に刺さり燃えた
彷徨(さまよ)う水鶏(くいな)群れになり
岨(そば)に飛ぶ

辿り着いた 影は瞬く光を抱く

漣(さざなみ)は稲穂 背押されて森に消えた
彼方に光 見え隠れ
暗闇で探す足跡 照らすものに集う
小さく求めあい

潦(にわたずみ)歪(ゆが)んでは
細濁(ささにご)り 絶え間無く

ああ 今さら 昇る光見て胸を裂く
小さな影と 背負うもの噤(つぐ)み行く

歪(ゆが)み裂ける虹と
隠沼(こもりぬ)落ちた夢と
冷光(れいこう)

掠(かす)めて遠く!

ひらひらと光重なって架け橋になる
流れ深き森避けて
水に影短くして在る それぞれの夜明けを待つ
ひとつ増え ひとつ消え

誰(た)が為(ため)に行き
誰が為に渡す重きか
七彩に問う 身を焦がす
橋を渡る人々に叫ぶが返答無く
手招きして溶けた

坂を登る その先に
穂波が光っている
今も 変わらず 今も

増えて 消えて 光っている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らす

Author:らす
歌詞記事は仮記事と書いているのは
にこ動見ながら聞き取ったやつなので間違っていると思います
何も書いていないのは公式です

現在の閲覧者数:


※このブログを見て何らかを実行し問題が出ても管理人は一切の責任を取りません

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ここ何にしようかな
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。